関西限定クリームサンドパイの「ひとくち」は、大阪土産(おみやげ)に!
サクッと口当たりのよいパイとクリームはプレーン・ココア・メイプルバナナがあります。

grand feuille グランフィーユ

グランフィーユのこだわり

常に新しく、かつ洋菓子でありながら日本人の口に合うよう、
ひとつひとつを丁寧に。

小林勇人

有名高級ホテルが認める、なにわ生まれ・焼菓子職人の匠「小林 勇人」がたどりついたひとつのパイ。
小林氏の監修によりひとくち灯は生まれました。

名立たる高級ホテルに焼菓子を提供し続けてきた「厚生労働省認定 一級洋菓子製造技能士 小林 勇人」が、慣れ親しんだ大阪の地でお土産にと用意したのはひとつの「クリームサンドパイ」でした。

『常に新しく、かつ洋菓子でありながら日本人の口に合うよう、ひとつひとつを丁寧に。』
パティシエのポリシーが形になります。

パティシエ  小林勇人

テイストは3種類

「ひとくち」

口どけのよい、上質なマーガリンを使用したプレーンパイと甘みを抑えたクリームにもココアパウダーを練りこんだココアパイ、メイプルの香り豊かなバナナクリームを挟んだメイプルバナナパイ。

売りである食感と風味は、他では味わえないものと 自負しております。

パイはひとつひとつ丁寧に焼かれ、クリームは手作業でサンド。

「ひとくち」

パイは泉佐野の工場にてひとつひとつ丁寧に焼かれ、クリームは手作業でサンド。
手がかかりますが、これでないと出せない味があると、しっかりやる事で製品になる唯一無二の大阪土産品です。

お土産を買われるお客様に出来る限りの事を。 というコンセプトのもとに、ご自宅用としてもお土産用としても、本当に喜ばれる商品は何か。
様々な商材を吟味した結果、一つのクリームサンドパイにたどりつきました。